【法政研】第47回研究会「投票価値の平等と沖縄と―参政権保障の現状と課題―」

 
沖縄法政研研究所では、第47回研究会を2013(平成25)年7月26日に開催しました。
研究会では、本研究所の西山千絵所員(法学部講師)が「投票価値の平等と沖縄と―参政権保障の現状と課題―」と題して、報告しました。司会は、本研究所の井端正幸所員(法学部教授)がつとめました。
西山千絵所員は、国政選挙における選挙人の投票価値の平等をめぐる判例の推移を振り返り、一連の選挙違憲無効判決の影響により、人口比例主義の貫徹を説く声が勢いづいている現状について、国政選挙における人口比例主義は一定の統一化であり、地域的特殊性の相対化という意味ももちうると指摘し、第23回参議選・沖縄県選挙区の選挙にも触れ、憲法学説を手がかりに参政権保障のありようについて報告しました。
   


サイト内検索

沖縄法政研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937

ページの先頭へ戻る