第46回研究会「アメリカ福祉国家の再編―アメリカ研究からの解釈―

沖縄法政研究所では、2013(平成25)年5月24日(金)に、本研究所特別研究員である向井洋子氏を報告者に迎え、第46回研究会「アメリカ福祉国家の再編―アメリカ研究からの解釈―」を開催しました。
 
向井氏は、アメリカが自由主義を中心としたイデオロギー国家であることを前提に、アメリカの自由主義の変化によって、アメリカ型福祉国家は再編したとし、再編後のアメリカ型福祉国家は、新自由主義にもとづいていると結論づけました。新自由主義的福祉国家は、市場と家族を同時に重視する特徴をもっているとし、研究会では家族の役割について報告しました。
 
向井氏の言う「新自由主義」とは、日本で通常理されている意味では無く、アメリカの「リベラリズム」が変容したものとの含意です。




                   

                                      沖縄法政研究所第42回研究会
                                                テーマ :「アメリカ福祉国家の再編―アメリカ研究からの解釈―」

                                               報告者 : 向井洋子氏(特別研究員、琉球大学非常勤講師)
                                                コメンテーター : 佐藤学 所員、本学法学部教授
                                               日 時 : 2013(平成25)年5月24日(金)15:30〜17:25
                                               場 所 : 沖縄国際大学13号館1階会議室
 

サイト内検索

沖縄法政研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937

ページの先頭へ戻る