第43回研究会『沖縄・憲法・自治』

沖縄法政研究所では、2013(平成25)年2月8日()に、本研究所特別研究員の小林武氏を報告者に迎え、第43回研究会「沖縄・憲法・自治」を開催しました。

 
沖縄における地方自治のいくつかの問題として、基地問題、自治会の位置、「地域主権」の受け止め方などを憲法学の視点で、解りやすく報告していただきました。


憲法上における独立への可能性、憲法95条への訴訟、一票の格差、地方自治の規程等、フロアーからの多岐にわたる質問に対し、丁寧に応えて下さいました。

参加者からは「沖縄と憲法との関わり、そして極めて身近な自治の問題まで非常に勉強になりました。」「国の専管事項と地方自治の存在理由の問題、憲法95条の死文化を許してはならないなど、大変“自治”を考える参考になりました。」「自分自身への問題提起となった。」等の感想が寄せられました。

 
 

 

 沖縄法政研究所第43回研究会
 
テーマ :「沖縄・憲法・自治」
 報告者 : 小林 武氏(特別研究員)
 
司 会 : 井端正幸 所員
 
日 時 : 2013(平成25)年2月8日(金)13301530
 
場 所 : 沖縄国際大学13号館1階会議室


サイト内検索

沖縄法政研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937

ページの先頭へ戻る