第42回研究会「利用者の立場からみた著作権制度−コンピュータ社会における個人的利用と学校教育における利用−」

 沖縄法政研究所では、2013(平成25)年1月28(月)に、本研究所特別研究員であり、弁理士の大久保秀人氏を報告者に迎え、第42回研究会「利用者の立場からみた著作権制度」を開催しました。

 
著作権制度について、「コンピュータ社会における個人的な利用」と「学校教育における利用」の2つの利用行為を取り上げ、著作権法の原則と例外について概要を説明された後、特に「複製行為」を中心にさらに権利が制限される場合も併せて、具体的な判例や裁判例等を分かりやすくご報告いただきました。

  参加者からは「難解な法を分かりやすく説明していただけてよかった」「著作権は身近な問題であり、非常に有益であった」等の感想が寄せられました。

  

 

沖縄法政研究所第42回研究会
  テーマ :
「利用者の立場からみた著作権制度
            −コンピュータ社会における個人的利用と学校教育における利用−」
 報告者 : 大久保秀人氏(弁理士、特別研究員)
  司 会 : 徳永賢治 所員
  日 時 : 2013(平成25)年1月28日(月)16:20〜17:50
  場 所 : 沖縄国際大学13号館1階会議室

2013年1月29日
沖縄法政研究所


サイト内検索

沖縄法政研究所
運営/お問い合わせ先
沖縄国際大学
教務部研究支援課
TEL:098-893-7967
FAX:098-893-8937

ページの先頭へ戻る